CURRICULUM

カリキュラム

京都漢方研究会 第29期 講座カリキュラム(予定)
(2019年4月~2020年3月)

スマートフォンでご覧の方は、横スクロールで講義内容をご覧ください。

日程案 第1講
10:00~11:40
第2講
12:30~14:10
第3講(臨床)
14:20~16:00
4月14日
(第2日曜日)
10時30分より
総会
特別講演
山本漢方医学に基づく新外感病論,そして桂枝湯、微小環境
立花 秀俊
特別講演
丸薬研究から見出した生薬と生体の反応-難病への応用
日笠 穣 先生
5月12日
(第2日曜日)
駆瘀血 /牡丹皮、桃仁 牡丹皮、桃仁
酒井 孝征 先生
駆瘀血 処方解説
高橋 宏和 先生
桂枝と駆瘀血剤・桃核承気湯、桂枝茯苓丸、折衝飮など
吉本 悟 先生
6月9日
(第2日曜日)
野外研修(日本新薬(株)山科植物資料館)
7月21日
(第3日曜日)
初学者講座あり
気うつ・気滞/
柴胡、枳実
関田 倫彦 先生
理気 処方解説
高橋 宏和 先生
店頭で有効だった漢方薬
〜気鬱の症例報告〜
鉄村 努 先生
8月25日
(第4日曜日)
初学者講座あり
薬剤師に必要な漢方の基礎知識(1)
細野 靖之 先生
生薬のお話
黒田 健太郎 先生
現場で手応えのあった漢方処方
~一貫堂医学、第三医学なども考える~
中島 正光 先
9月8日
(第2日曜日)
初学者講座あり
薬剤師に必要な漢方の基礎知識(2)
谿 忠人 先生
生薬の選品と鑑別
宮嶋 雅也 先生
高齢者と向き合う漢方治療
西本 隆 先生
10月13日
(第2日曜日)
初学者講座あり
薬剤師に必要な漢方の基礎知識(3)
細野 靖之 先生
熱湯薬末浸漬法 (IPCD法)の臨床活用と特殊漢方製剤
井上 幸枝 先生
現場で手応えのあった漢方処方
山崎 武俊 先生
11月23〜24日
(第4土・祝、日曜日)
第52回 日本漢方交流会 全国学術総会京都大会
12月8日
(第2日曜日)
初学者講座あり
薬剤師に必要な漢方の基礎知識(4)
谿 忠人 先生
中国における生薬事情と処方における生薬組合わせ意義(仮)
木島 孝夫 先生
漢方の森の中で迷わないためのコツと考え方
〜アレルギー疾患・消化器疾患を例に~
吉田 光範 先生
1月12日
(第2日曜日)
初学者講座あり
水滞① /朮、茯苓
清水 涼 先生
利水 処方解説
高橋 宏和 先生
痰飲の病について
真鍋 立夫 先生
2月9日
(第2日曜日)
水滞② /半夏、陳皮
伊藤 謙 先生
去痰 処方解説
高橋 宏和 先生
印象に残る症例 その二
前村 勉 先生
3月15日
(第3日曜日)
特別講演
難治性慢性炎症症候群に対する山本巖医学の治療戦略
~一貫堂解毒剤の現代医学的な使い方~
山方 勇次 先生
詳細はこちら
特別講演
実臨床に役立つ漢方口訣
-臨床経験知としての古典
小山 誠次 先生
詳細はこちら
履修証書
授与式
(懇親会)

PDFのダウンロードはこちら

※会場、開催日は都合により変更になる場合があります。
8月~10月及び12月度例会は、京都薬科大学・生涯教育センターとの共催の予定です。